ご協賛企業様

フィリピン留学VSアメリカ留学!!

最近の留学先として人気なのがフィリピン留学!

不動の人気である留学先のアメリカ留学!

 

2カ国とも同じ英語圏の国ではありますが、
違いは何なのでしょうか?

一緒に見てみましょう!

  • 時差の違い

フィリピンと日本の時差は1時間

アメリカと日本の時差は13時間(NY)、14時間(オクラホマシティー) 、16時間(ロサンゼルス)

アメリカとフィリピンの時差の違いは歴然です・・・!
日本に居る家族と連絡を取りやすいのは、フィリピン留学ですが、
この時差のおかげで、日本からアメリカに行くときには、
半日分時間が戻るので得な気分になれます(笑)

 

 

  • 母国語の違い

フィリピンは数多くの島国からなり、地方により沢山の独自の言語が話されています。その数はおよそ172の言語があると言われています。英語は歴史の過程で、英語教育が発達したので、フィリピンの人は英語も流暢に話せるようになったという背景があります。(参照:ゆたとり

アメリカはネイティブアメリカンの人達が受け継いでいる言語もありますが、
国で主に話されている言語は英語です。アメリカは多民族国家ではありますが、
多くの州では英語が母国語として認められています。中・高の教科書に付いていたCDで聞いたような英語をアメリカでは話されています。

 

  • 費用の違い

School Withさんが一ヶ月のフィリピン留学の総額を26万~37万円と紹介していました。

授業料・滞在費・食費その他諸経費、航空券、海外旅行保険、現地生活費(お小遣い)などが含まれている価格です。フィリピンは地理的に日本と近いことから、航空券がとても安いのが魅力です。

TLCエドモンド校(オクラホマ州)での一ヶ月の留学総額は、授業料・滞在費・食費、送迎費、保険料、現地生活費を含めた値段が$3,135($1=108円の場合)、つまり日本円では約34万円前後です。この値段から航空券も追加されるので、フィリピン留学とは値段が10万円前後がプラスになると考えられます。

 

  • それでもアメリカ留学をオススメする理由とは?

フィリピン留学とアメリカ留学を比べてみると、費用と時差ともにフィリピンに利があるように思えます。
それでも、私がアメリカ留学をオススメする理由は「アメリカンドリーム」です。
世界の経済を動かす国、影響力、経済力を考えてもアメリカは世界もトップです。
そんな環境で勉強し、友人と切磋琢磨できる環境こそが一番の魅力だと思っています。そんな中で、自分のやりたいことを発見し、世界をまたに駆けて活躍する、そう考えただけでもワクワクしませんか?

これから先、
留学をして自分を変えたい、
自分のスキルにプラスアルファになるものを見つけたい、
というのであれば、アメリカ留学もぜひ検討してみてください!

 

さて、次回は「TLCの2019年冬季研修」のご紹介です!
2019年の年末から年始にかけて、アメリカでクリスマスや年始の有意義なひと時を過ごしてみませんか?

 

Follow TLC on Instagram