留学先で英語力が伸びる人の特徴

みなさん、こんにちは!
TLCの岡山です。

 

英語力を伸ばすために渡米したのに、思ったように英語力が伸びていない…
と感じる日本人の生徒さんが多くいます。

せっかく、お金を払って来たのだから、英語力を伸ばして帰国してほしい!
というのは、私たちTLCスタッフ全員が思っています。

 

英語力が伸びた&伸びなかった日本人の学生たちをみていると、
それぞれ共通点があるみたいです。

そこで、今日は私が発見した英語力が伸びる人の特徴をお話したいと思います!

 

  1. 留学生やアメリカ人の友達が多い

 

日本人の留学生と一緒にいると英語をしゃべる機会が少なくなりますよ!とこのブログを通して何回も申し上げています。反対に、他の国からの留学生やアメリカ人の友達が多い日本人学生は驚くほど短期間にぐんっと英語力をアップして帰国される方が多いです。日常会話レベルの英語は友達同士で使う場面が多いので、日常会話レベルの英語を喋れるようになりたいあなた!もっともっとお友達を増やしてみましょう!

 

  1. 目指す目標やスコアがある

人間目標無しでは、意外と頑張れないものです。常にTOEICやTOEFLのスコアの目標を掲げて、それに向かって勉強している人は毎日コツコツ英語の勉強を出来る人たちです。渡米前&後にテストを受けるのもおすすめです!自分のなりたい英語力を考えて、目標を設定してみてはいかがでしょうか?

 

  1. 自分を客観的に見る

過去の自分の英語力と今の自分の英語力を比べたことはありますか?また、比べた時に違いを実感したことありますか?過去の自分の苦手分野や今の自分の苦手分野を客観的に観察することで、今自分に必要な勉強法を見つけることにつながります。効率的に勉強も出来るので、定期的に自分の英語力を振り返ってみましょう!

  1. 恥ずかしがらない

特にスピーキングの練習時におきがちですが、英語を喋ることに抵抗がある人を多々見受けます。失敗する事に関して、恐怖心を抱いている人も多いです。英語でも『Practice makes you perfect』と言葉がある通り、英語力の向上も練習あるのみです!アメリカ人は留学生の英語の間違いを『かわいい』と思ってくれているらしく、意外と自分が自分の間違いに対して過剰に反応しているだけかもしれません。Don’t be shy!

  1. 自分を褒められる人

最後に、『今日の自分はよく頑張った!』と自分を褒めてあげた時を覚えていますか?自分自身の成長を褒めて、次へ頑張ろう!というモチベーションに変えるのも、英語スキルを向上させるのに重要な事になります。英語学習においてモチベーションをキープするのも至難の業。頑張ったらご褒美、頑張ったら自分を褒める、などしてモチベーションを常にキープするようにしてみましょう!

 

上記5つの項目をまとめると、

  • 環境作り
  • 明確な目標
  • 自己分析
  • 自信を持つ
  • モチベーション

が英語力向上のカギです。どれも、無理せず今日から取り組めることです。
上のどれかが欠けても、英語力アップからは程遠くなってしまいますが、自分に何が足りていないのかを冷静に分析&判断してみましょう!

 

自分には何が足りないのか、どうしたら改善させるのか、最初は自分で見つけるのは難しいかもしれません。そこで、TLC岡山からアドバイスを受けたい!という悩める日本人の学生さんたち!
marketing2@thelanguagecompany.comまでいつでもご連絡ください(^^♪

 

さて、次回は米大学入学時に必要な英語力テスト『TOEFL』について説明します!
TOEICや英検はみなさんご存知かと思いますが、
TOEFLは未知数…。という人!
来週も是非ブログを読みに来てくださいね!

 

See you soon!