米国式タイムマネジメント法をマスターして、Stay homeの時間を効率よく使おう!

みなさん、こんにちは!
TLCの岡山です!

 

GWも過ぎ、未だに多くの地域で『Stay home』が促されていますね。最初の1、2週間は溜まったドラマや映画、部屋の掃除など、暇になったらやることリストに書いてあった項目を徐々に解消していく事で、効率良く時間を使えていた人は多いのではないでしょうか。

 

都市部では、『Stay home』週間が5月末まで延期されることが決定し、
新しい生活様式に順応していく必要が各所で話題にあがっていますね。

 

『Stay home』で仕事をしているひと、
『Stay home』でお母さんをしているひと、

『Stay home』でお父さんをしているひと、

『Stay home』で学生をしているひと、

皆さんそれぞれに共通するのが、タイムマネジメントの必要性。

 

今まであれば会社が学校の始業時間に合わせて、起床していた人も、その必要はなくなり、保育園や幼稚園も閉鎖中…となると、0から一日の流れの骨組みを組み立てるのはもう大変!

 

私もアメリカの大学に進学し、膨大な量の課題をこなせるような一日の流れを組み立てることを習慣化するのに時間がかかりました。

こんな状況から抜け出したい!外に行きたい!と嘆く声も聞こえてきますが、
まだまだ先になりそうなのが現実。

 

この状況を逆手にとって、タイムマネジメントを出来るようしたい!そんな悩める学生さんに、私がアメリカ大学生時代に培った米国式タイムマネジメント法をご紹介します(^-^)

 

  1. 優先順位をつける

アメリカの大学での課題の量は、毎週ごとに教科書何十ページ分のリーディングや各セクションに関するクイズなど色々あります。課題ごとに提出期限があるので、逆算して、この課題にはどのくらいかかるのかを知り、課題ごとに優先順位をつけるようにしていました。現役高校生や大学生のみなさんも、課題にかかる時間と提出期限を意識して、優先順位をつけてみてください!

ダメなパターンとして、好きな科目や苦手な科目から始める人が多いように見受けられます。それって効率を考えた時に、どうでしょう?

好きな科目は時間をかけてこだわりたくなってしまうかもしれないし、
苦手な科目は問題を解くのに時間がかかってしまい、期限ぎりぎりになるかもしれません。しつこいようですが、課題のかかる時間と提出期限を再度意識して優先順位を立てるようにしましょう!

 

  1. 自分が一番集中できる時間帯と長さを知る

武井壮さんが学生時代に自分のベストのコンディションを把握する為に、湿度を毎日計っていたということをテレビで拝見したことがあります。それってスポーツだけでなく、勉強でもとっても大切な事。自分にとって一番集中できるベストな時間を知ることで、ダラダラと無駄に長くやる勉強時間を減らす事が出来ます。

どうしたら自分のベストコンディションが分かるのか?と疑問に思っているあなた!

朝、昼、夜、深夜のそれぞれの時間帯で勉強してみるのが一番です。

 

アメリカ大学時代の私の一番集中できる時間帯は、

朝、夜、深夜でした。朝は朝ごはん後の1,2時間、

夜は夜ご飯前の1,2時間から夜ご飯後、入浴後も気分転換になるので、集中出来ました。深夜は周りが静かになるので、集中出来る時間がより長く保てると思います。私に向かなかった時間帯は『昼ごはん後の満腹状態』。空腹もいけませんが、満腹も集中力を維持するには大敵でした。

勉強する時間ですが、集中して出来ているなと感じるのは最高で1時間半くらい。1時間半勉強+休憩を1セットとして、1セット2時間前後を目安にタイムマネジメントに活用していました。

 

  1. 集中力持続アイテムを見つける

集中力を維持し続けるのは、至難の業。そんな時は何かに頼ってしまうのも手!
私は、ブドウ糖の力を借りて脳を活性化させたり、音楽を聴いて気分転換したりしていました。カフェで勉強や、友達と一緒に勉強するのも良いリフレッシュになります。せっかく、一日の流れを組み立てても実行できなきゃ意味がない!継続力もタイムマネジメントには大切な要素になってきます。

自分の集中力を維持するアイテムとして音楽を聴くことをあげましたが、
アメリカ大学時代では、歌詞があるような曲は、聴いていませんでした。教科書を読みながら、歌詞があるような曲を聞くと頭の中でごちゃごちゃになってしまうので、私はクラッシックやジャズ、他にも自然の音系の音楽がおすすめです。

 

 

今まで両親に『勉強しろ!』と言われてきた人がほとんどのはず。私が訴えたいのは、勉強は是非してほしい!けれども、集中出来る時間帯に集中できる時間だけすれば良いと思うのです。

 

勉強の大切さもお伝えしてきましたが、
同じように睡眠時間と勉強以外の時間も取るのが重要です!

勉強と休憩時間を天秤にかけたとき、バランスよくなるのが理想です。

 

ということで、来週は休憩時間に関することをご紹介。
UNOはみなさんご存知なはず。そんなUNOも各国多種多様なルールがあるのが面白いところ。『Stay home』期間がまだまだ続くので、来週は『ブラジル人直伝!ブラジル式UNOルール』をご紹介します!休憩時間に是非、ブラジル式UNOルールでUNOをしてみてくださいね(^-^)