プロ野球トレーナーをしている吉村康平さんにインタビュー!

インタビューのお相手:吉村康平さん プロ野球トレーナー

 

たくろー:今回はインタビューを引き受けて下さり、ありがとうございました。
まずはじめに簡単に自己紹介をお願いしてもよろしいでしょうか。

 

吉村さん:はい。名前は、吉村 康平です。仕事は、現在、あるプロ野球の球団でトレーナーをしています。趣味も野球で、小さいころから野球選手になりたくて練習したりしていました。今は、球団のキャンプ練習に参加し、ある地域の方へ同行しています。

 

たくろー:お休みの合間を縫ってお話をありがとうございます。小さい頃は、野球選手を目指されてたんですね。

それでは、「幼少期から、学生時代、社会人」という順番で、どう過ごされて考えが変わってきたのかをお話伺えたらと思います。

まずは、野球のポジション(笑)と、幼少期どんな子どもだったかお聞きできますか?

 

吉村さん:そうですね。(笑)ファーストを任してもらう機会が多くありました。幼少期は、野球選手に憧れて野球をしつつ、目立ちたがり屋だけど、少し控え目な感じだったかなと思います。ちなみに、私は、3人兄弟の長男です。

 

たくろー:そうだったんですね。ファーストをされていたということは、かなりの強打者じゃないかとワクワクしてしまいます。その後の学生生活は、どんなことをされてお過ごしになっていたのですか?

 

吉村さん:それは。。野球づくしですね。高校の時は、埼玉県でベスト4位ほどになることもでき、チーム一丸となって練習をして、試合をして・・・という感じでした。

 

 大学生になると草野球をして、野球を部活ような大会系ではなく気持ちよくやっていました。また、大学の学部が、スポーツ健康科学部ということもあり、リハビリのことやトレーニングについて学んでいました。その時には、自分は、プロ野球選手になりたいというよりもプロ野球を近場で支える存在としてサポートしたいという風になっていました。その理由は、何となくですが、自分がプロ野球選手になるというのが創造つかなくなっていたのです。そこから、大学では、いつかプロ野球のトレーナーになりたいという夢を掲げて学び就活も考えていました。

 

たくろー:そうだったんですね。野球がいくら好きといっても、色々な好きがありますよね。

その後の社会人生活はどのようにお過ごしになっていたのですか?

 

吉村さん:はい!まずは、ゴルフ場のトレーナーになりました。公務員だった両親をもったということもあり、自分が選んだ、個人事業主のような仕事は、少し心配を掛けました。しかし、選んだことに間違いはなかったのかなと思っています。それと、同時並行で人脈作りをして様々な方にお会いしてきました。そういったご縁の中の一つのゴルフコンペで、Smilink(株)代表の小原さんともお会いすることができて、今回インタビューを受けさせて頂いた次第です。すごく人脈は大切だなと改めて思います。

 そして一昨年、トレーナーの御仕事は、3か所ほど仕事をし、現在働いている野球球団のトレーナーの一般募集に応募しました。自分が、トレーナーとして動いている様子や筆記試験などがありました。しかし、この試験では、残念ながら、最終試験まで残ったのですが、落選してしまいました。。。しかし、どうしてもプロ野球のトレーナーになりたいという夢を忘れずに色々な人に出会うことや様々なセミナーに参加し自分も想いを伝えてきました。結果的に、球団の採用の方と知りあうことができ、推薦という形で球団のトレーナーとして今年の1月から働くことができました。本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

 今は、一年目の始まったばかりですが、ケガをしている選手とキャッチボールをしたり、カラダのマッサージをしたりさせてもらっています。始まったばかりですが、これからも学び続けたいと思っています。

 

たくろー:念願の球団のトレーナーとして働き始める、とても幸せそうですね。

ちなみに今後の新たな夢や野望はあったりされますか?

 

吉村さん:はい。トレーナーとして経験を更に積んだ後に、自分でリハビリテーションを作りたいと思っています。まだ、経営の知識などは備わっていませんが、いつかは、「場を回す側」としてサポ―トできたらと思います。

 

たくろー:「場を回す側、運営する側」いいですね。自分もすごくその経営する側にも興味があります。

今日は、お時間ありがとうございました。最後に、学生へのメッセージを頂けると嬉しいです。

 

吉村さん:はい!20代は、ほんとに時間を大切に使った方がいいと思います。今だから動けて人に出会えることなど、さまざまなことに取り組めます。ぜひ、動いてみてください!

 

たくろー: 学生のうちは、動き回った方がいい。私自身も、大切にしたいと思います。

今日は、ありがとうございました。

 

<記事メモ>

お話を聞いていて、吉村さんはすごく腰が低い方で、ゆったりと優しくお話して下さりました。

また、吉村さんは「人によって態度を変えない・誰とも対等を意識する」といった価値観を大切にされているとお話をして下さりました。自分は、まだまだ人によって態度が変わってしまっているかもしれないと気づくきっかけになりました。「自分はじぶんで、1人しかいないので周りに流されずに自分の素を、ありのままで生きる」

すごく難しいと思う反面、人から信用してもらうのに大切な必須のことだと深く感じました。